商品の意外性

おはようございます、桜井です。

突然ですがみなさん、一蘭というラーメン屋をご存知でしょうか?
赤い看板の、博多ラーメンのチェーン店です。

行ったことのある方はわかるかと思いますが、他のラーメン屋とはかなり趣を異にするお店ではじめて行ったときには非常に印象に残ります。

店に入って食券を買うところまでは他と同じなのですが、そこから実際にラーメンを食べる席まではのれんで仕切られていてよく見えません。

とするとどの席が空いているのかよくわからないのですが、座席表が表示された電光掲示板のようなものがあり、それを見て空いている席を把握する。

いざのれんをくぐって席に向かうとさらに驚くのですが、なんと座席同士が仕切りで区切られていて、隣の人の顔も見えない。
話をすることができないわけではないんですが、だいたいのお客さんは黙ってラーメンをすすっています。

さらに店員の顔も見えないようになっていて、替え玉の注文などは席のボタンを押して行うなど、とにかく「食べる」ことに集中できるような独自のシステムになっているのです。

自分もはじめて行ったときに「なんだこの店は!」と強く印象に残り、それ以来ちょいちょい行ってしまいます。
やはり、「こんなもんだろ」と思っていたもの(一蘭の場合は「ラーメン屋なんてこんなもんだろ」)と大きく違うものが出てきたときには印象に残り、また行ってしまうということがありますよね。

ホテルライフもそんなサービスであれたら、と思います。




余談ですが、昨日久しぶりに一蘭を食べに行き、調子に乗って秘伝のタレ(辛いやつ)をたくさん入れてしまい今日はお尻がヒリヒリしています・・・。

 

PS.

ホテルライフではアプリ事前登録者向けのメルマガのほか、Facebookやtwitterも運営しています。

フォローしていただいた方にはさらに多くの情報をお届けしています。

 

アプリの事前登録をする(無料)

Facebookでいいね!する

twitterアカウントをフォローする

 

PPS.

ホテルライフでは今、アプリの事前登録をしていただいた方にリリース後に使えるポイントやホテル無料キャンペーンへの参加権などを差し上げています。

ぜひ、お知り合いの方にもホテルライフを紹介してください!

紹介の仕方は簡単。以下のページで紹介したいお知り合いのメールアドレスを入力するだけです。

 

知り合いを紹介する