ホテルライフ流
「お客さまに聞く姿勢」とは?

初めまして。
マーケティング部の長島です。

ホテルライフではサービスをつくるとき、
私たちがお客さまのことを徹底的に考え抜くとともに、
常に「お客さまに聞く姿勢」というものを大事にしています。

私たちのサービスがイケてるのかどうか、
それは結局のところ「お客さま」にしか分からないという考えです。

もちろん私たちはお客さまのために、
日々サービスのあるべき姿を考え尽くし、作り込んでいます。
そうすると、それだけサービスにも愛着や自信が湧いてきます。

とはいえ、いくら私たちが
「あーでもない、こーでもない」と議論してみたところで、
そのサービスが“イケてるか、イケていないか”なんて
「お客さま」ではない限り、実際には分かりっこないんです。

また「君たちのアプリは行けるよ!」とか「このサービスは難しそうだね」と
サービスを評価してくれる第三者の言葉も、「お客さま」の声にはかないません。

だからこそ、「将来のお客さま」である事前登録者の皆さんにこそ、
アンケート でホテルの当日宿泊についてお尋ねしたり
アプリの操作画面への意見をお聞きしたりしています。

これからも私たちは「お客さまに聞く姿勢」を大事に、
サービス開発に取り組んでいきます。

どうぞ今後ともホテルライフをよろしくお願い致します。

P.S. 僕の所属するマーケティング部のお仕事の一つは
   事前登録を通じて、もっと多くの「お客さま」を増やし、
  「お客さまに聞く姿勢」を実践する土台をつくることです。

  左上の “TOP” もしくは https://questant.jp/q/hotellife から
  まずはお気軽に事前登録してみてください!