「子連れの大人」がもっとも気にすることとは?

 

こんにちは、越水です。

 

 

日本で唯一ディズニーの中にあるホテルである「ホテルミラコスタ」。閑散期でも平日でもほぼ満室という驚異の人気ホテルです。ご存じの方は多いと思いますが、みなさんは利用したことはあるでしょうか?

 

 

実は私は家族ぐるみで、まあまあディープなディズニーファンです。
子供が生まれたのをきっかけにファン度が加速し、今では年間パスポートを持つまでになりました。下道でも車で30分くらいなので、平日でも気軽に行ってしまう有様で、年間の入場回数は軽く30回を越えています。

 

 

そんな私達ですが、ミラコスタの宿泊経験はそれほど多くはありません。そもそも予約が取れないということもあって、いつもキャンセル待ち狙いです。そうやってうまく滑り込むことができたのは、過去10泊程度です。

 

 

そんな私達ですが、ミラコスタの「利用回数」はたぶん100回を越えているくらいあります。「宿泊」はしてないけど、「利用」はしているわけです。何を利用しているのかというと、それは、「ホテル内のレストラン」です。

 

 

ディズニーランドはもちろんのこと、”大人のためのディズニー”がテーマであるディズニーシーも、当然ながら「子供が楽しめる」ようになっています。加えて、「子供を連れた大人にストレスがかからない」ようにもなっているのです。

 

 

そしてそのことはもちろん、ホテルミラコスタにも当てはまります。とにかくストレスがありません。子供がやんちゃをしても暖かく対応してくれるスタッフもそうですし、大人だけの客も優しく見てくれます。決して「舌打ち」なんかされることはありません。

 

 

レストランでは更に顕著にこの恩恵を受けることができます。

 

 

高級感のある空間で、堂々と幼い子供を連れて、しかもストレスを感じなくて済むというのは普通のレストランでは非常に難しいです。個室レストランにしてしまえばある程度は他を気にしなくても済みますが、「食器を落として壊してしまわないか」などストレスは残ります。しかしミラコスタのレストランではそういったことは全く気になりません。「ディズニーキャラクターのプラスチック食器」が用意されますので。

 

 

ミラコスタは平日でも1泊4万円以上が相場であり、高級ホテルの部類に入ります。ディズニーブランドで値段を吊っているという感じではなく、高稼働を背景としてしっかりと投資がなされた「まことの高級感」があると思います。そういったホテルのレストランを「子供連れストレスフリー」で利用できるのは極めてユニークですし、だからこそ私達のような「レストランオンリーのヘビーユーザー」が生まれるのだと思います。

 

 

今日は宿泊ではないホテルのヘビーユースについて、私自身の体験を話してみました。

【ホテルライフ】は、今後もこういった「ホテルの楽しみ方」についての情報発信をどしどしやっていきますので、登録がまだの人は下記から登録しておいて下さい。

 

 

アプリの事前登録はこちら

Facebookページいいね!はこちら

ツイッターフォローはこちら
 

 

 

 

越水隆行

 

 

 

追伸:

あなたも宿泊ではないホテルのヘビーユースをしたことはありませんか?
下記のアンケートに書き込んで、ぜひホテルライフにお知らせ下さい。

アンケートはこちら