ホテルの中の小さなホテル

こんにちは、桜井です。

先日ホテルを利用した際にある施設を利用し快適に過ごすことができました。

「ホテルの中の小さなホテル」とも呼ばれるその施設はずばり”クラブフロア”です。


クラブフロアとは通常ホテルの上層階に位置する特別フロアで、通常の客室と比較して様々なサービスを受けることができます。
たとえば、、、
・朝食、イブニングカクテルのサービス
・コーヒー/紅茶のサービス
・専属のコンシェルジュ
・専用ラウンジでのチェックイン/チェックアウト
・ミーティングルームの利用
・スパ/フィットネスの利用

などなど。
内容はホテルにもよりますが他にも多くの限定サービスが用意されています。

僕が宿泊した際には夕食後のコーヒーと朝食を利用したのですが、落ち着きのある空間とさすがホテルといったホスピタリティで満足でき、かなり奮発して高いお金を払った甲斐はあったと思いました。笑


ここぞ、という場面ではクラブフロアでワンランク上のホテルライフを味わってみてはいかがでしょうか。


PS.
クラブフロアはどのホテルにも用意されているわけではなく、実は数は結構限られています。
ホテルライフではどのホテルのクラブラウンジがオススメかといった情報も発信していきたいと思います。

Facebookページにいいね!する
Twitterをフォローする
アプリの無料事前登録をする

ホテルのもっとも気楽な(?)使い方

こんにちは、桜井です。

ホテルには宿泊客でなくても使える施設がいろいろとあります。
レストラン、バー、フィットネスやスパもホテルによっては利用可能です。


でももっと気楽に、そして頻度高く利用できる場所があります。


それはロビーです。


ホテル、特にラグジュアリーなランクに属するようなホテルのロビーには広々とした空間があり、椅子やソファーが多く用意されていてお茶を飲めたりもするため、なにか作業をしたい時や待ち合わせをするときなど意外と使える場面は多いです。


またその意匠にもこだわっているホテルが多く、ガラス張りから御殿山の緑を楽しむことができる東京マリオットホテルのロビーや障子を通した柔らかい光が落ち着くホテルオークラのロビーは必見です。


いつものカフェもいいですが、たまにはホテルのロビーを利用されてみてはいかがでしょうか。


PS.
ホテルライフではロビー以外にも様々な「ホテルの楽しみ方」について色々書いています。
FacebookやTwitterでも情報発信しているほかスマホアプリの無料事前登録も行っているのでぜひご登録お願いします。

Facebookページにいいね!する
Twitterをフォローする
アプリの無料事前登録をする

究極の安眠を約束するベッドとは、、、

こんにちは、桜井です。

家に帰る時間がもったいないので最近はオフィスに寝泊まりする日が多いのですが、先日ソファーベッドを購入しました。
しかし寝慣れた家のベッドとは硬さや反発力が微妙に違うのでなかなかフィットせず、朝起きると腰が痛い日々が続いています、、、


人間の休息にダイレクトに関わってくる寝具の質というのはやはり大事なのかなと再確認しているのですが、宿泊をメインとするホテルも当然そういった部分にはこだわっています。

中でもあるホテルがベッドメーカーと共同開発した安眠を追求したベッドがあるのですがご存知でしょうか。
そのベッドとは、ウェスティンホテル&リゾートの「ヘブンリーベッド」です。

 ウェスティンホテル東京 デラックスルーム( http://www.westin-tokyo.co.jp/stay/room/deluxe-east-view/index.html )

ウェスティンホテル東京 デラックスルーム(http://www.westin-tokyo.co.jp/stay/room/deluxe-east-view/index.html)


名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらは有名なベッドメーカー「シモンズ」社と共同開発されたもので、ウェスティンホテル東京では全室にこのベッドが導入されています。


「雲の上の寝心地」と称され、上質の眠りを約束するこのベッドの人気は高く、女医の西川先生の寝室にも導入されているそうです!


実はウェスティンホテルの通販にも出品されていて、お値段はシングルサイズで40万円からと少々お高いですが購入可能です。


自宅に購入とまではいかなくともウェスティンホテルに泊まればその寝心地は体験できるので、ご興味のある方はお試しになってはいかがでしょうか。


PS.
ベッドのような大きなものでなくとも実はホテルでは結構、オリジナルの商品を扱っているところも多いです。
そんな中からオススメなども紹介していきたいと思います!

アプリの事前登録はこちら

ホテル利用で人気イルミネーションを楽しむ

オフィスの近くに東京ミッドタウンがあるのですが、12月に入る前くらいから週末になると夜にはたくさんの人たちが集まってきます。
そのお目当ては、、、イルミネーションです。

ミッドタウンのイルミネーションが有名になってから何年かたちますが今年も盛況なようで、12月に入ってからは平日に見にくる人も増えてきたように思います。


ミッドタウンに限らずこの時期にはあちこちで煌びやかなイルミネーションが展開されていますが、どうしても困ってしまうことがあります。
それは、、、


めちゃめちゃ混む!


ことです。
たとえばミッドタウンの話でいうと、一番の見所である「スターライトガーデン」(真ん中の広場でやっているあれです)のところには大勢の人が詰めかけていて、二重三重の人垣になっているようなところもあります。
なので中央でショーが始まっても「なにかやってるなー」くらいにしか見えないなんてことも、、、


そんなとき、ホテルを使うといつもより快適にイルミネーションを楽しめるかもしれません。

というのも、盛況なイルミネーションもずっと同じように混んでいるわけではなく、やはりそろそろ終わるという時間になると帰る人も多くなってくるようなのです。
なので狙いどころとしてはやはりイルミネーションショーの終わる間際、ということで結構遅い時間になってしまうのですが、そこで近隣のホテルを予約していれば見終わってからそのまま部屋に直帰できるというわけです。


実際に有名なイルミネーション会場の近くのホテルではそういった利用客向けのプランなども用意されています。

他にも時期限定で「イルミネーションビュー」の部屋を用意していたり、ホテル内の装飾にもこだわっていたりと、各ホテルこの時期はイルミネーション関係に力を入れているようです。


冬のデートプランの一つとして、そういったホテルを利用してみてはいかがでしょうか。


最後にミッドタウンのイルミネーションの写真を1枚。
広場は混んでいていい写真が撮れなかったので、そこまでのコースの写真です、、、

          全然メインじゃないところ。しかもちょっとブレてる、、、

         全然メインじゃないところ。しかもちょっとブレてる、、、

PS.
イルミネーションはこの時期だけですが、ホテルライフでは季節問わずタイムリーなホテルの活用法をお届けしています。
「気になる!」と少しでも思っていただけましたら、いいね!やフォロー等お願いします。
それぞれ違ったコンテンツやキャンペーンをお届けします。

アプリの無料事前登録をする
Facebookページにいいね!する
twitterをフォローする

運動しながら東京を満喫できるジム

今週もずっと寒い日が続いていますね。
今日の東京の最高気温は11度だそうです。


実は半月ほど前からオフィスの近くのジムに通い始めました。

8月くらいから、運動不足を解消するために毎朝近くの公園を走っていたのですが、だんだん寒くなるにつれサボりがちになってしまい、、、このままではまずい、ということで会社の同僚といっしょに通っています。

始めてみた感想としてはとても良いです。
特に、室内なので外の冷たい風に晒されずにすむ点が非常に快適です。笑

ジムというとゴールドジム、コナミ、ライザップ(あのCMで話題の)などチェーン展開している店舗をよく見かけますが、ホテルの中にジムがある、といったところも結構あります。

特に宿泊者にとっては、一般のジムと比べてホテルのジムのメリットとして挙げられることがあるかと思います。
それは、、、

「気軽に利用できること」

ホテルのジムは部屋と同じ建物の別のフロアに併設されていることが多いため、行きたい時にふらっと行ってふらっと帰ってくることができます。
例えば朝起きてジムで軽く汗を流してから朝食をとったり、夜遅く帰ってきた時でも寝る前にワークアウトすることができます。

これはホテルのジムならではの使い方ではないかと思います。


今回はそんなホテルのジムの中から、東京にあるおすすめを2つ紹介したいと思います。

■東京の絶景を見ながら汗を流す マンダリンオリエンタル東京の「フィットネスセンター」

マンダリンオリエンタル東京「フィットネスセンター」(http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/luxury-spa/fitness-and-wellness/)


日本橋のマンダリンオリエンタル内38階にあるジムは大きなガラス張りの窓が特徴。
眼下には東京スカイツリーをはじめとした東京の街が広がり、その絶景を眺めながらワークアウトできるというのはなかなか他のジムでは味わえない贅沢です。

朝6時から利用できるので、時期によっては日の出を眺めながら、、、なんてこともできそうです。


■都内最大級の広さを誇る パークハイアット東京の「クラブ オン ザ パーク」

パークハイアット東京「クラブ オン ザ パーク」(http://tokyo.park.hyatt.jp/ja/hotel/activities/hotel-activities/spa.html)


パークハイアット東京のこちら「クラブ オン ザ パーク」があるフロアの高さはなんと地上約180m(!)
それだけでも度肝を抜かれますが、ふたつのフロアからなるこの施設は総床面積も2100㎡(!)と二度驚かされます。

その広大な施設内の設備ももちろん充実していて、ジャグジー、2つのサウナ、360度ボディシャワーマッサージルーム、、、などなど。
そこが都会のど真ん中だということを忘れて、喧騒からしばしエスケープできます。


ホテルのフィットネス施設には「宿泊者限定」の場所も少なくはないので、泊まった際にはぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


PS.
ここまで読んでいただいて、ホテルのジムに「少しは興味あるかも」と思っていただけたら、ホテルライフのtwitterアカウントをフォローしてください。
ジムをはじめとしたホテルの情報などを毎日お届けしています。

ツイッターをフォローする