快眠に必要な意外なもの!

最近、質の高い睡眠を取れていない日が多いです。
照明つけっぱで寝てしまうような日もあるのですが、それよりも多いのがやはり、睡眠時間を十分に確保できないこと。

そうすると次の日のパフォーマンスが落ちるのはもちろん、そもそも起きられないようなことがあってあまり良くありません。

というわけで短い睡眠時間でも質の高い眠りを得られる方法など調べているのですが、その中で意外に多くでてくるのが、「パジャマを着る」こと。

自分もそうなのですが、寝る時にいわゆるパジャマではなく適当なシャツや短パンを着たり、あるいはパンツ一丁で寝るような人は多いと思います。

その方が部屋着とも兼用できて、わざわざパジャマなんて着るより楽・・・と思っていたのですが、正直パジャマを甘く見ていました。

まず、パジャマは眠ることに最適化されています。
ゆったりとした作りで体を締め付けないし、夏は涼しくて冬は暖かいし、肌触りがよく寝返りも打ちやすい、など。
考えれば当たり前なのですが、睡眠に対してこれほどふさわしい服もありません。

さらに言うと、ちゃんとパジャマに着替えることで「よし、寝るぞ!」というスイッチが入って入眠しやすくなるんだそうです。
寝る直前までパソコンとかスマホの画面を見てしまう人は多いんではないかと思いますが、実はそれだと脳が興奮して眠りにつきづらい状態になっています。
そんなときパジャマを着ると、少しでも眠りにつきやすくなりそうです。


というわけで自分の欲しいものリストに、現在パジャマがランクインです。

「空室なし」でも諦めない、当日予約の裏技

近年、海外からの旅行者の増加を受けてホテル業界は活況を呈しつつあります。
特に観光客の多い地域では部屋も埋まりやすく、金曜や土曜には予約サイトを見ても1室も空いていないなんてことも。


ですが、「今日はいっぱいか・・・」と諦めてしまう前に!
もしかしたら本当はまだ空室あるかも知れません。


というのも、「予約サイトに表示されている空室状況」と「実際の空室状況」は違う場合があるからです。
ホテルでは通常、本当に最後の何室かは予約サイトには出さずに残していることが多いです。

もし一つ残らず予約サイトに出してしまうと、残り1室しかないのに2人が同時に予約してしまう「ダブルブッキング」が発生する恐れがあるからです。

だからホテルでは最後の何部屋かは自社で持っておくのです。


もし予約サイト上では「空室なし」となっていても、

・ホテルのHPから予約する
・ホテルに直接電話する
・むしろホテルにそのまま乗り込む

ということをすれば予約できるかもしれません。

要は「諦めんな」ということなので、「裏技」というほどのことではないかもしれませんが、、、泊まるとこがなくてピンチのときはお試しください!

ホテルってどれくらいあるの?

突然ですが、皆さんはホテルの数ってどれくらいあるかご存知でしょうか?
あんまり大きなくくりで考えてもわかりづらいと思うので東京都内に限定して考えると・・・およそ900件ほどあります。

これを多いと思うか少ないと思うかは人によって違うかと思いますが、僕は「結構あるな!」と感じました。

というのも、ホテルというとやはり大きなシティホテルなんかを想起しがちで、そう言ったホテルって比較的大きな駅の周辺にそれぞれ1つか2つあるくらいな印象だったからです。

でも実際にはそう言った大きなホテルというのは全体のごく一部で、ほとんどはビジネス寄りの規模が小さめのホテルです。
場所も駅に近いことが多くても少し裏に入った所だったりしてあまり日々注目することがないので、後から「あ、こんなところにホテルあったんだ」と気づくことも少なくありません。

皆さんもホテルに注目して歩いてみると、いつもの街でも新しい発見があるかもしれません。

六本木、桜、満開

こんばんは。

ライフアップの新井です。

4月1日、
ついに今年度が始まりました。

とはいえ、まだ春休み、本当に年度が新しくなった、と感じるのは、初登校の日かもしれませんね。

今週の月曜日、六本木では桜が三分咲ですが、
今日は桜が満開です。

同じ視点から写真を撮ってみると、

↓4日間で、、、

その違いが一目瞭然、ちょっとの間でこんなにもか、と驚きです(ちょっとアングルずれていますが、、、)。

1年のほとんどを花を咲かせる準備に使い、いざ時期が来ると一気呵成に、蕾を作り、咲きほこる。

自分もまだ蕾にすらなれていないような気がしますが、早いところ花を咲かせられるよう、精進奮闘致します!

三日坊主にもなってないので

今年こそバリバリブログ更新します!と宣言した舌の根も乾かぬうちに更新が滞っていた当ブログですが皆様いかがお過ごしでしょうか?昨年来、地方出張していますと至る所にいわゆるインバウンド、外国人観光客がたくさんいらっしゃいます。しかしながら需給バランスというのは難しく、高級ホテルよりもチェーン系のビジネスホテルのほうが宿泊価格が高い!!みたいなことも結構あります。大阪とか。果たして2020年までにこのあたりの改善はなされるのだろうか、はなはだ心もとないところではあります。。。